芋掘りの極意!

よんよん隊 のぶきち☆レポート

2012-09-24

9月中旬、山口市内にある自然農園へ芋ほりへ出かけてきました

私は小学生以来の芋ほり体験。茂った葉をカマで除けて、土を鍬で掘り起こして

芋を抜きます。とっても良い汗かきましたよぉ

農薬も化学肥料も使わない畑の土はふかふかで、歩くだけで気持ちよくなります。

農園の主、中村さんが芋の掘り方から保存方法、食品の事や栄養の事まで、

分かり 易く教えて下さいましたので、ママレポでお伝えしますね。

芋ほりへ行く際の参考になると嬉しいです。

服装と持参物

・手袋と長靴、帽子をかぶり首にタオルを巻くと快適です。

・ 動きやすいパンツスタイルで、汚れても良いもの。

・収穫した芋を持ち帰る用の袋またはダンボール

・あれば剪定バサミ

・飲み物

 

芋の収穫&保存方法

・掘る時は、なるべく芋を傷つけないように気をつけ、根はつけたままにしておく。

・茎は切らずに、芋に茎をつけた状態で切り分ける。そうすると芋に雑菌が入らず、 長期保管が可能になります。

・?サツマイモは収穫後、ベランダ等に新聞紙を引いて干します。

・茎を切っても白い汁が出なくなれば、箱に入れて保管します。

・干すのが待てない場合は、オーブンで少し焼いて水分を飛ばしたり、 冷蔵庫にいれて乾燥させて食べると美味しいそうです。

最後に、私が最近よく作るさつま芋料理をご紹介

“さつま芋の梅酒煮”です

作り方は、さつま芋のレモン煮と同じ要領で、鍋に芋と梅 酒、水・少しの砂糖(分量はお好みで)を入れて煮るだけです。さっぱりした甘みのお芋になり美味しいですよ